更年期の症状は「不定愁訴」と呼ばれるくらい、つかみどころがなく、体のさまざまなところで感じるため、「年齢だからしかたがない」とあきらめる人も少なくありません。

でも、ラクになる方法は必ずあります。

自分に合った快適ケアを探してみましょう。

更年期の症状は複合的に起こることが多いので、自分のてきる範囲で、いくつか試すのがおすすめです。

たくさんのケアを持つことが、更年期を上手に過ごすコツなのです。

更年期の不調を改善する方法



40歳過ぎの更年期!実施している体のケアとは?


身体を冷やさないようにしています 私は身体を冷やさないようにしています。 40歳を過ぎたころから、風邪をひいて以来、鼻の調子が悪くなりました。 それに以前よりも、冷え症になった気がします。 ずっと低血圧で、低体温でもあったので、朝起きるのが辛く、特に冬の朝は、非常に朝が辛かったです。 最近、身体の不調は、身体が冷えることが原因だとわかってきました。 そこで、お腹を中心に温めるようにしています。 それに、寒く感じたら、重ね着をしています。 私は以前からデスクワークが多いので、どうしても血行が悪くな・・・

40代からの更年期!心と体の不調を改善する方法


人間ドッグでリフレッシュ なんだかはっきりしないけれど体調が悪いという人に、当たり前のことのようですが人間ドッグをお勧めします。 人間ドッグというと、最低でも半日はみっちり必要でなかなか踏み切れないという人も多いと思います。 ですが、自分の体を細部まで検査してらって何か改善点があれば改善すれば良いし、何もなくて健康体であればスッキリして気分が軽くなります。 日々、何となく体調が悪いなぁと思って悶々とストレスを溜め込んでいくよりも、人間ドッグを受けて自分の体としっかり向き合うと気持ち的にとても楽に・・・

40才を過ぎて体の不調を感じた更年期の体験談


自分ではコントロールできない動悸が 元々、年に何度か動悸がして気になることはありましたが、ある時突然、動悸が激しくなり、眠ることもままならない状態になりました。 一日に何度も襲われます。 前までは、静かにしていると感じる程度だったのに今は家事をこなしている時でも、車を運転している時でも突然始まって、かなりの時間たってもおさまりません。 運転も怖くなって、日常生活に支障が出てきたので近くの内科に相談に行きました。 でも、心臓が悪い人は静かにしているよりも激しく動いたら動悸がするものだから、特に病気・・・

40代からの更年期!漢方薬で不調を改善!!


気になる不調のある人の漢方薬 ●四物湯 体力をアップさせ、血のめぐりをよくする漢方薬。肌や目が乾燥しがちの人や、貧血のある人に。 ●十全大補湯 体力が低下したり、手足の冷えがある人向き。貧血ぎみのときにも。病後で体力が落ちている人にも使われる漢方薬です。 ●婦宝当帰膠 冷えをはじめ、更年期に起こりやすい頭痛、肩こり、貧血、めまい、のぼせ、耳鳴りなど、さまざまな症状を改善してくれます。 ●加味逍遥散 ストレスを感じて、イライラして怒りっぽい、のぼせやすいといった症状、肩こり、冷えなどをやわらげます・・・

日常予防に関する常識非常識のQ&A


体が冷えるとき、効率的に温める方法はある? 首と、二の腕、膝の裏を温めるとよい。冷えは万病のもと。体が冷えると血管が収縮して血液の流れが悪くなり、肩こり、腰痛など様々な体の不調につながる。 熱が迅けやすい部位を知っておけば、むやみやたらに著込むことなく、効率的に寒さを防げる。 ポイントは首と二の腕、膝の裏。人は寒いとき、首をすくめて、二の腕をかかえて、膝を曲げる。知らず知らずその3ヵ所を守るポーズになっているのだ。 半袖の下着を七分袖にする、丸首のセーターをタートルネックにするだけで十分効果があ・・・

更年期を快適に過ごす10か条


更年期を快適に過ごす10か条 一、いい友人を持つ 二、家族やパートナーとよい関係を築く 三、頑張りすぎずありのままの自分で 四、楽しみながら体を動かす 五、趣味やボランティアなどの生きがいを持つ 六、おしゃれを楽しむ 七、定期的に健康診断を受ける 八、睡眠をきちんととる 九、食事は量とバランスに気をつける 十、新しいことに挑戦する気持ちを大切に

更年期解消!今すぐ取り組める3つのコツ


1.1日15分ほどの軽い運動を行う 運動によって、テストステロンを増やすことができます。目安は1日15分、テレビを見ながら行える程度の運動がおすすめ。 たとえば、イスに座ってひざを胸に近づけたり、ゆっくりとスクワットをするといった運動でも効果があります。 高齢になっても運動の効果は期待できます。 2.活発に人と会話をしたり交流する テストステロンは脳内でも合成されます。会話や人との交流をもち、脳を刺激することで、テストステロンの量を維持することができます。 また、会社などでやりがいを持つ、自分の・・・

男性ホルモンの低下を防ぐ方法!


ストレスを上手に発散 男性には、女性の閉経のように明確な体の変化がないため、男性ホルモンの低下に気づかない人は少なくありません。 個人差があるものの、40代の2割の人は、男性ホルモン偵が半減するともいわれています。 LOH症候群は中高年の男性なら誰にも起こりうる病気なのです。 毎ロの生活習慣で男性ホルモンめ低下を抑え、LOH症候群を予防することはできます。 そのために人切なのは、運動、食事、人との交流です。 過度なストレスはテストステロンを低下させるので、自分なりの発散法でストレスを少しでも減ら・・・

女性の更年期の不調改善には漢方療法を取り入れる!


睡眠、運動、食事の見直しを! ホルモン補充療法は多くの女性にとって、更年期症状のつらさを緩和する特効薬となります。 加えて、食事を含めた生活習慣を見直していくことも必要です。 バランスよく栄養をとる、睡眠をしっかりとる、軽い運動を取り入れる、心を落ち着かせる時間を持つなど、生活習慣を見直すことも、自律神経をつかさどる視床下部の混乱を抑えることにつながります。 中にはホルモン補充療法が体に合わないという人や、乳がんや子宮体がんの経験により、治療かできない入がいるのも事実です。 その場合は、専門医に・・・

更年期の不調改善!日常生活での3つのヒント


1.漢方薬を取り入れる 漢方治療は体質や健康状態を考慮し、体全体のバランスを整えながら、つらい症状を緩和していく治療法です。 ホルモン補充療法と借用する人もいます。 ただし、たとえばうつ症状に悩む人と冷えやほてりに悩む人では、効果が期待できる漢方薬は違ってきます。 服用するときや服用していて具合が悪くなったときは、必ず専門医に相談してください。 2.リラックスできる時間を持つ 更年期障害では、視床下部の混乱により自律神経や感情まで乱れます。 そのため、好きな香りのアロマをたいたり、ヨガや趣味など・・・

ホルモン補充療法 気になるQ&A


LOH症候群Q&A【男性編】 Q.どこで治療を受けられますか? A.LOH症候群だと正しく診断を受けるためにも、まずは専門医にみてもらうことが肝心です。男性ホルモン補充療法は、泌尿器科や男性更年期専門外来などで行っています。しかし、泌尿器科では対応していないケースもあるので、事前に電話などで問い合わせを。専門医のもとで治療を行うのが原則です。   Q.補充療法が受けられない人は? A.血液検査でテストステロン量が低下していることがわかれば、誰でも受けることができます。ただし、前立腺がん・・・

更年期は減ったホルモンをゆるやかに増やす根本治療で改善へ!


LOH症候群の治療は、基本的には筋肉にテストステロンを注射する 女性の更年期障害も男性のLOH症候群も、ともにホルモンが減ってしまうことで起きるのがそもそもの原因です。 そのため、症状を改善する根本的な治療はホルモン補充療法になります。 症状がつらい場合はまず医師に相談を。 女性の場合、症状がおさまるのを待つ「ガマン」、乳がんや子宮がんになるのではないかという「思い込み」、人工的なものを取り入れる「抵抗感」を抱く人もいます。 しかし、ホルモン補充療法はあくまでもエストロゲンの減少をゆるやかにする・・・

男性の40代以降は油断禁物!男性更年期現象!!


男性ホルモンの減少が、がんリスクや死亡率を高める 気力が出ない、疲れやすくなった、筋力の衰えを感じる……。 男性も女性の更年期障害に似た症状に襲われることがあります。 病院に行っても「うつ」と間違って診断され、なかなか症状が回復しないという男性は少なくありません。 近年、その諸症状の原因が解明され、LOH症候群と呼ばれています。 患者数は推定600万人はいるとされます。 そのまま放置すれば、がんの死亡率は3‐5倍、血管障害2‐5倍、背骨の骨折半が2倍になるなど、命にもかかわることがわかってきまし・・・

40代からの女性に起こる!体調の変化


エストロゲンが減ることで体にさまざまな不調が起こる 女性は更年期(45~55歳頃)に入ると、頭痛、ほてり、冷え、めまいなど、さまざまなつらい症状に襲われることが増えます。 これがいわゆる更年期障害といわれるものです。症状の程度には個人差がありますが、日常生活に大きな支障をきたす人もいます。 その原因とされるのが、女性ホルモン・エストロゲンの減少します。 女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンに代表されますが、更年期の症状と関係するのはエストロゲンです。 エストロゲンは女性らしい体つきや妊娠に・・・




このページの先頭へ