LOH症候群Q&A【男性編】

Q.どこで治療を受けられますか?

A.LOH症候群だと正しく診断を受けるためにも、まずは専門医にみてもらうことが肝心です。男性ホルモン補充療法は、泌尿器科や男性更年期専門外来などで行っています。しかし、泌尿器科では対応していないケースもあるので、事前に電話などで問い合わせを。専門医のもとで治療を行うのが原則です。

 

Q.補充療法が受けられない人は?

A.血液検査でテストステロン量が低下していることがわかれば、誰でも受けることができます。ただし、前立腺がんを治療中の人や血液の病気である多血症の人は、男性ホルモン補充療法はできません。適切な投薬量であれば問題ありませんが、副作用が起こることも考えられるので、必ず専門医の判断に従ってください。

 

Q.どのくらいで効果が出ますか?

A.男性ホルモン補充療法の注射剤の効果が続くのは、約10日くらいです。そのため治療を開始した場合、2週間から3週間に一度の通院が必要です。1回目の注射で症状が改善する方もいます。一方、治療の効果が大きく出ない人もいます。すべての人に等しく効果が出るとはいえません。

 

Q.保険は適用されますか?

A.現段階では、保険が適用されるのは血中へ直接ホルモンを補充する注射剤だけです。そのほかの方法としては、経口薬、塗り薬、貼り薬などがありますが、これらを使う場合は、日本では自由診療になり自費となります。ちなみに、世界的に広く使われているのは塗り薬です。

LOH症候群Q&A【女性編】

Q.乳がんや子宮体がんのリスクは?

A.エストロゲンのみの投与では、子宮内膜の細胞分裂が活発になりすぎ、がん細胞発生のリスクが。現在は、細胞分裂を抑えるブロゲステロンを一緒に投与しているため、子宮体がんのリスクが増えることはありません。乳がんについては、更年期のつらい症状を抑えるために短期間だけ使用する場合、リスクは増えません。

 

Q.自然に反するようで抵抗が……

A.減ってしまった女性ホルモンは自力で増やすことはできません。ホルモンを補充するといっても大量に投与して、月経が順調にあったときの量に戻すわけではありません。急激に減少する女性ホルモン量の下降線を、ややゆるやかにする程度の量で、十分に更年期の症状を緩和することができます。

 

Q.いつまで続ければいいのですか?
A.一般的には2~3年。補充療法を始めた当初は、不規則な出血、乳房や腹部のハリ、むくみなどの症状が出る場合も。自分に合わないと思えば、いつでもやめられますし、再開することも可能です。保険を使えば、治療費は1か月1000円くらいです。




このページの先頭へ