1.1日15分ほどの軽い運動を行う

運動によって、テストステロンを増やすことができます。目安は1日15分、テレビを見ながら行える程度の運動がおすすめ。

たとえば、イスに座ってひざを胸に近づけたり、ゆっくりとスクワットをするといった運動でも効果があります。

高齢になっても運動の効果は期待できます。

2.活発に人と会話をしたり交流する

テストステロンは脳内でも合成されます。会話や人との交流をもち、脳を刺激することで、テストステロンの量を維持することができます。

また、会社などでやりがいを持つ、自分の存在を周囲が認めてくれる、仲間の支えがあるということも、テストステロンの低下を防ぐことになります。

3.玉ねぎを食べる

玉ねぎに含まれる含硫アミノ酸には、テストステロンの合成を誘導する働きがあります。

摂取目安は1日に玉ねぎ1/2個。効果的にとるには、玉ねぎを切ったらすぐに加熱すること。

含硫アミノ酸は、水に溶け出すので、汁ごと食べるのがおすすめ。にんにくやねぎなどにも同様の効果が期待できます。




このページの先頭へ