エストロゲンが減ることで体にさまざまな不調が起こる

女性は更年期(45~55歳頃)に入ると、頭痛、ほてり、冷え、めまいなど、さまざまなつらい症状に襲われることが増えます。

これがいわゆる更年期障害といわれるものです。症状の程度には個人差がありますが、日常生活に大きな支障をきたす人もいます。

その原因とされるのが、女性ホルモン・エストロゲンの減少します。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンに代表されますが、更年期の症状と関係するのはエストロゲンです。

エストロゲンは女性らしい体つきや妊娠にかかわるホルモンで、卵巣から分泌されます。

分泌量は20代をピークに徐々に減少し始め、40歳を過ぎると急激に減少します。

近年の研究で、エストロゲンには、悪玉コレステロールの上昇を抑えたり、骨密度を維持したり、脳の血流を高めたりするなど、健康にかかわる重要な役目を担っていることもわかってきました。

そのため、エストロゲンの減少は、不調のほか、生活習慣病を招きやすくなるなど、女性の体に大きな変化をもたらすことになるのです。

謎の不調はエストロゲンの減少が原因だった!

女性ホルモンが激減する更年期の不快症状は多岐にわたる。「ほてり」と「冷え」、「疲労感」と「不眠」、「イライラ」と「ぼ-っとする」など、一見相対するように見える症状が出てくるのも特徴。

こんなとき体のなかでは・・・・

卵巣からのエストロゲンの分泌に変化が起こると、視床下部が大混乱。自律神経に間違った指令を出してしまい、血管を拡張させてほてりを起こしたり、収縮して冷えを起こす。

脳の視床下部が混乱して自律神経にまで影響が…

脳の視床下部が自律神経に

エストロゲンの分泌が減少してしまうのは、加齢により卵巣が萎縮して、その働きが低下するためです。これは加齢による変化で、止めることはできません。

卵巣からきちんとエストロゲンが分泌されているかを監視しているのが、脳の視床下部という部分。自律神経の働きを調整する司令塔でもあります。卵巣の機能が低下して、エストロゲンが分泌されなくなると、視床下部か混乱状態になります。

その結果、視床下部から自律神経に誤った指令が行ってしまいます。自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、そのバランスが崩れることで、ほてりなどの症状が出てしまうのです。




このページの先頭へ